30代になって、今までしていたメイクが似合わなくなった気がする。

女性の肌は、年齢とともに悩みも変化していきますので、30代の女性はこの記事を読んで、現在の肌に合うメイク方法を見直しましょう。

30代におすすめのメイク方法は、派手過ぎないナチュラルメイクです。

素材を生かし、肌を美しく、若々しく見せてくれます。

ナチュラルメイクのポイント、おすすめのアイテムを詳しく紹介します。

早速、見ていきましょう!

自分の悩みと照らし合わせて参考にして、明日のメイクにいかしてみてくださいね。

 

30代女性のメイクの悩みと対策~NG例編~

せっかく可愛く見せようとメイクしているのに、魅力を半減してしまうNGメイクにならないために、覚えておきたいポイントを3つご紹介します。

もちろんメイクはTPOにあわせて変化しますが、基本として覚えておきましょう!

①濃いアイメイク

目を印象的に大きく見せるためのアイメイク。

大きく見せようと気合を入れるばかりに、濃くなりがちです。

30代の大人の顔・表情にはなじまなくなることが多々あります。

ボリュームマスカラの重ね付けでひじきのようになったり、バサバサのつけまつ毛にも注意が必要です。

涙袋の白パールや、太く跳ね上げたアイライン、たれ目メイクなども30代になったら気を付けたほうがいいかもしれません。

 

また、カラーコンタクトも30代になったら、バイオレット・ブルーなど派手な色はNG。

黒~ブラウン系の髪や肌の色にあう無難な色味を選ぶのがおすすめです。

 

②眉毛が細すぎる

一昔にはやったアムラー世代は細い眉毛が流行りましたが、今の主流はナチュラル眉毛です。
眉の形にもトレンドがあり、眉の形をずっと変えていないという人は、一度、眉の形を変えてみましょう。

眉毛の形をプロに整えてもらう事もできますし、自分にあった眉毛の形を学ぶのも大切です。

眉毛で印象は結構変わるので、まずは眉毛から見直してみませんか?

 

③肌の悩みに合わせてベースメイクを選んでいない

30代になれば、シミ・そばかす、小じわ、目のくま、くすみなどなどあらゆる悩みが出てきて当然です。

20代と同じベースメイクでは隠しきれない箇所も出てきますし、今まで通りのメイクをするその悩みを目立たせてしまうことも考えられます。

30代ではファンデーションだけに頼らず、化粧下地やコンシーラーなどうま利用して、「厚塗り」しないように、ナチュラルメイクを心がけましょう。

 

30代のメイクのポイント

先ほどのNGメイク方法で紹介したように、30代のベースメイクでは、「厚塗り禁止!ナチュラルに仕上げることを心がける事」が大切です。

30代の方のポイントメイクは「厚塗りしないナチュラル感」「濃すぎない引き算メイク」「口紅はツヤ感」が大切です。

抜け感のある素敵な30代メイクを目指しましょう。
ここではメイクの方法をアイテムごとにご紹介していきます。

 

①化粧下地

化粧の下地はとっても大切で、ファンデーションなどのメイクのりをよくして、化粧崩れを防ぐ役割も果たしています。

適量をきちん守り塗るのも大事なポイントで、少なすぎるとムラの原因になり、多すぎると油分過多で化粧崩れの原因になります。

メイクの土台を整えた後にファンデーションです。

②リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、肌にしっとりと密着しやすいのが特徴。

乾燥が気になりはじめる30代の肌にもおすすめです。

ナチュラルでツヤ感のある仕上がりをつくりやすいのも、リキッドファンデーショの魅力ですね。

 

下地で肌を整えた後、リキッドファンデーションを塗りましょう。

リキッドファンデーションは顔全体に塗るのではなく、肌悩みが目立って見えやすい中心部だけに使うと、厚塗りになりません。

顔の中心部から輪郭にむかって外側にのばすように塗ります。

フェイスラインに向かってファンデーションがどんどん薄くなると、顔に立体感を演出します。

ポイント
・鼻は皮脂が多く化粧崩れしやすいので、量を控えめに!
・下まぶたのキワは塗り忘れやすいので気を付けましょう。
・最後に、何もついていない大きめのスポンジで、顔全体を軽く押さえてなじませましょう。

 

③コンシーラー

シミやそばかす、肌悩みはつきません。

そんな隠したいカバーしたい部分には、コンシーラーを使うのがおすすめです。

 

・塗るときは厚塗りはNG
・一度にたくさん塗らず、少量ずつポンポンと叩き馴染ませる
・道具はいらない、指の腹で馴染ませる
・パウダーで抑えて仕上げるとプロ並みに

・スポットで狙って隠したい、シミ・そばかすなどには、ペンシルやスティックタイプの硬いテクスチャータイプ
・自分の肌より少し暗めの色のコンシーラーをセレクト!

・クマ隠しには、クマのタイプ別に色を選びましょう
青いクマ⇒オレンジ系
黒いクマ⇒ベージュ系やオークル系(自然なパールが入ったものも◎)
茶色いクマ⇒イエロー系やベージュ系

 

④フェイスパウダー

ベースメイクの最後にフェイスパウダーを使うことで、メイク崩れを防ぎ、美しさをキープする効果が期待できます。

またパウダーに含まれる細かい粒子が反射して、キメ細かい肌を演出出来て、気になる肌の悩みや凹凸を美肌に見せるもできます。

 

【使い方】
パウダーを含ませたパフを、顔の中心から外側に向かって、かるく押さえるようにポンポンとのせましょう。

小鼻などの細かい部分は、パフを半分に折って塗ります。
フェイスラインも塗って首と顔の境目をしっかりぼかします。
これでベースは完成です。

 

⑤チーク

30代の頬メイクは、可愛らしさよりもナチュラルな血色感を選ぶ方がおすすめです。
微細なパール入りのチークは、ツヤ感があり上品に見えるので購入する価値ありです。

チークの色は、地肌にもよりますが、肌に自然になじみやすいオレンジコーラル系やレッド系を選ぶと自然に綺麗に仕上がります。

口紅の色とリンクさせると、より統一感のある整ったメイクに仕上がります。

 

★チークを入れる位置のポイント

・黒目の下あたりを起点にして、笑顔を作り、出っ張ったところに、顔の外側に向かい、太めのブラシで軽くふんわりとのばします。

⑥眉毛

第一印象を左右する重要なパーツである眉は、やや太めでなだらかに仕上げ垢抜け感を装いましょう。
ジェットコースターのように急に上がったり、下がったりすると違和感があるので気を付けましょう。

まず、アイブロウパウダーを使い、やわらかく自然な仕上りに。髪の毛よりやや明るめカラーを使うと、簡単にこなれた印象を与えることができます。

逆に髪の毛は茶色いのに黒の眉毛を書くと変な感じになるのでその時の髪の色に合わせて色をセレクトしてください。

 

30代の目もとは、「引き算メイク」でシンプルに仕上げましょう。

明るめの単色アイシャドウを主役にすれば、気になるくすみなどもカモフラージュでき、目もとの印象がぐっと際立ちます。
ツヤのある単色アイシャドウで、抜け感を演出しましょう。

抜け感のある瞳を目指すために、アイライナーやマスカラなどが目立ちすぎることのないようにするのがポイントです。

 

30代女性のメイクのおすすめアイテム

前項ではおすすめのメイク方法についてご紹介しましたが、実行するためのおすすめアイテムをまとめてみました。

まず、おすすめチークの中から、ツヤ感と血色よく見える商品を選びました。

 

■エクセル グラデーションチーク N GC01 ローズピンク
価格:1,800円(税抜)

プチプラなのに、高級感のある肌をつややかに輝かせてみせるハイライトと、マットな質感の自然な血色カラーの4色MIXで、メイクを自由自在に綺麗に仕上げるチークです。
絶妙グラデーションで、マットにもつややかにも、質感を自在に仕上げられます。

肌を明るく見せてくれるのも魅力。
全5色展開で色んな肌のタイプにがあり、自分に合った色を探せます。

 

次にアイブロウパウダーです。

30代の眉メイクは アイブロウパウダーを使って、やや太めでなだらかに仕上げ、やわらかく自然な仕上りのナチュラル眉を目指しましょう。

 

■ミュゼル ノクターナル アイブロウパウダー
価格:3,000円(税抜)

細やかなパウダーがよく馴染み、やわらかい印象を与えるアイブロウパウダーです。
明るさの違う3色のブラウンカラーを混ぜ合わせて使い変幻自在の、どんな髪色にもなじみやすく3Dの眉を演出します。
大小2つのアイブロウブラシがセットになり、ぼかしたい眉頭も、細く引き締めたい眉尻も簡単に描くことができます。
小さいので、もち運びにも便利で外出先でのメイク直しにも使いやすいでしょう。

 

最後に目元ですが、30代の大人の目元には、引き算メイクで抜け感を演出するのがポイントです。

 

■メタルグラマーアイズ
価格:全6種 各1,400円(税抜)

ラメの入った綺麗な発色のアイシャドウをお探しのあなたにおすすめの商品です。
3色のグラデーションカラーに、ダークメタリック&グリッターの2色がセットになったアイシャドウで深みのある色と、きらきら華やかなラメアイシャドウが入ったパレットになっています。

5色あるので合わせて使用してもそれぞれ別に使っても良いので無数の使い方が可能です。

 

公式サイトに使用方法のサンプルが紹介されているので参考し似てみてくださいね。

6色展開で季節に合わせて違う色を購入してもよいかもしれません。

プチプラなのに全体的に上品でエレガントな印象になります。

学生から大人の女性まで幅広い年齢層に愛される商品です。

 

30代女性のメイクの悩みと対策~まとめ~

今回は30代のメイクの悩みについてまとめました。

NGメイクは、細い眉毛、濃いアイメイク、ベースが肌になじんでいないの3つでした。

30代にちょうどよいメイクは、「厚塗りしないナチュラル感」「濃すぎない引き算メイク」「口紅はツヤ感」が大切だとわかりましたね。

ナチュラルに見えて、悩みをカバーしてくれるようなメイクのコツをつかんで自分に合った方法を実践してみてくださいね。

 

すっきりミラクルモリンガの口コミを見てみよう!

 

この記事を書いた人

ゆーま
美容好きの30代です。
オールインワンジェルが好きで肌の手入れは欠かしません。
ファッションが若めなので、年相応にしたいと思う今日この頃です。